頬の毛穴の開きが加齢とともに悪化しています。

頬の毛穴の開きが加齢とともに悪化しています。

正面から顔を見た際に、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになりました。

この毛穴を塞いでしまいたい、出来るだけ小さくなってほしいと思い、日々のスキンケアをがんばっています。

洗顔の後は冷たい収斂化粧水を使って、パッティングをしていますが、少しずつ引き締まってきたように思います。

センシティブスキンなので、ファンデーション選択には気を使います。

刺激が大きいものだと小さな発疹が出来てしまい、たちどころに痒くなるのです。

その為、必ずカウンターでサンプルをもらってテストしてから購入するようにしています。

この間に買ったクリームファンデーションは肌に一致しているようですが、これからもちゃんと試して買い入れたいと思います。

待ちに待った、誕生日がやってきました。

私も40代になってしまいました。

今まではUVケアとローションくらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまでのスキンケアでは足りない年齢ですよね。

エイジングケアには様々な方法があるので、調べなくてはと思案しています。

朝はたくさんの時間がないので、スキンケアに時間をたくさん取れない人も多数だと思います。

一分は朝とても貴重あものです。

しかし、朝のスキンケアをしっかりしていないと、元気な肌を一日中保てません。

一日を楽しいものにするためにも、きちんと朝にスキンケアを行いましょう毛穴、特に鼻の毛穴に目立つ角栓があるとかなり気になりますよね。

だからといって、顔を洗う時などに無理に取り除こうとしてしまうと、逆にお肌を傷つけてしまうといったことにもなるので、お勧めは出来ません。

ピーリング石鹸のようなものを使って角栓を入念に取り除くようにするといいでしょう。

ただし、使い過ぎるのは逆効果となるので、週に一回から二回くらいの使用にしてください。

毛穴をキュッと引き締めるために収れん化粧水を使ってケアを行う方もいますね。

皮脂の分泌をきちんと抑えてくれて爽快感もあったりするので、とりわけ夏場には欠かせないアイテムです。

使う場合は顔を洗った後に通常の化粧水、乳液を塗ってから、その後に使うようにします。

潤沢にコットンにとって、下から上に丁寧なパッティングをしてあげましょう。

年齢を重ねていくと共に、お肌に対する不満が増え始めてきたので、化粧水と乳液をアンチエイジングが出来るものにしてみたり、美容液やクリームなどもプラスするようになりました。

ただ、美容部員の方からのお話では、一番重要なのはクレンジングなのだと言っていました。

今現在のものを使い終えたら、すぐに探してみようと思っています。

以前から敏感肌でおおむね化粧等した試しがありませんでしたが、近頃は敏感肌用やアレルギー判定試験済みの化粧品も伸びてきました。

敏感肌でも肌に害をもたらすことなく使用できる化粧下地も膨大な数になってきて、大変好ましいです。

これからはちょっとでもおしゃれを愛好できそうです。

こちらもおすすめ⇒肌のハリは化粧品で取り戻す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です